スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

死に至る病! 

厨二病という名の死に至る病にかかりました。いつものことだといわれちゃあ言い返せない!
延々と「人間って面倒くさいなあ」とか「人間(ジンカンと読んでください)で生きていくって大変」とか
「単為生殖生物になりたい」とか「世の中全部私のカン違い(と妄想の産物)だったらどうしよう」とか
「ヒトとヒトじゃないものの境界ってなんだろう」とか考えてるよ!
鬱テーマ満載だよね! どーでもいい話ばかりだよね! こんなこと考えない方が「おとな」だよね!
我ながらこの努力の傾け具合と傾ける方向の間違いっぷりに脱帽! ばーかばーか!
でも、最後のやつだけは、卒論にかかわってくる設問だから逃げちゃダメなんだぜ……。

しかし、ずいぶん悪い時期に厨二がきてしもうたのう……悪い時期だからか。
でもだいじょうぶ! まだ学校行ってるからだいじょうぶ! と、思いたい!

******

厨二病が死に至る理由? 厨二病を引きずったゆとりが社会なんかに出たら、そこには高確率で
厨二病患者の社会的な死しか待っていない気がするんだよね。

厨二病患者が社会から抹殺される(ないもの扱い的な意味で)のか、厨二病患者が社会に見切りを
つける(スーサイド的な意味で)のかで、ちょっとずつ意味合いが変わるけれど。

******

ブログランキング参加中。
ブログランキングバナー
[ 2009/06/11 23:14 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

自分もそうだなぁ、中二病。
未来が見えたりとか、思ったことがそのとおりになったりだとか……そういう能力が・・・欲しいですorz
結局そういうのを忘れちゃうと現実が辛いだけっていう・・・・一種の自己保身的な能力なのかもしれないね。
あっちゃいけないわけじゃないけど、きちんと区別されてたらいいのじゃないかしら。
[ 2009/06/12 00:43 ] [ 編集 ]

れす!

コメントありがとうございますー!

世の中そんなにうまくいかないよね、って割り切っていられれば楽なんですけどね……。
現実と区別がつかないからこその厨二病なんじゃないかとおもうのです(´・ω・`)
たぶん、ファンタジーと現実をごっちゃにしてるのがいわゆる「中二」で、ファンタジーと現実と
区別できたら「おとな」のひと、現実と融合させてたら「哲学者」なんじゃないかと。

ていうか中二病的な思考をむやみにさげすむ風潮がよくないと思うんだな……と自己弁護。
[ 2009/06/12 19:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phantomlake.blog58.fc2.com/tb.php/1221-cbd58acc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。