スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

寝たいのに! 

赤子が生まれて初めて感じるものは「不快」だという。解釈はいろいろあろうが、ひとつの解釈として、
世界に絶望しないための予防線だと考えることができるとおもう。最初から、快とは正反対の感情を
おぼえておくことで、

「ああ、ほら、世界はこんなにすばらしい」
と、自己暗示をかけるために、赤子は、生まれてすぐ、「不快」を得るのだ。

「ああ、生まれおちたこと、これ以上の不幸はないのだから、あとは、しあわせになるしかないのだ」
と、生まれながらに自己暗示をかけるのだ。

******

だから、なんでも「はじめて」が実りのないものなのは、きっと、世界に絶望しないためなのだという
こともできるだろう。初めて乗った自転車は倒れるし、初恋は破れるし、世界初のロケットは墜ちる。
それもこれも、ぜんぶ、自転車に乗れたたのしさや、恋の叶ったうれしさや、打ち上げ成功の歓喜を
呼び起こすための、伏線に過ぎないのだとおもえば、

「ああ、ほら、世界はこんなにすばらしい(ように、できている)」

******

ヒトは、比較を通してものを知ってゆくのだ。快なら不快と、好きなら嫌いと、程度差を考えながら、
自分がなにを好きか、なにに価値があると思うのか、選びながら生きてゆくのだ。
ゆっくりと、確実に、選びとりながら、生きてゆくのだ。
ああ、ほら、世界はこんなにすばらしいのだから、と、ひたすらに自己暗示をかけながら。

そして、死に際には、きっと、選んだものによって、結末が変わるのだ。死に際にあって、

「ああ、世界はこんなにすばらしい(苦しかったが振り返れば楽しかった)」とおもうのがしあわせか、
「ああ、なんて下らない世界(楽しかったのに、今はこんなに呆気ない)」とおもうのがしあわせかは、

きっと、選んだものによって変わるのだ。

******

眠れないです(´;ω;`)うっ
[ 2009/06/29 03:13 ] 携帯より | TB(0) | CM(2)

よし、この言葉を大切な言葉フォルダに保管してくる
きっといつか読み返したくなるから…
[ 2009/06/29 08:12 ] [ 編集 ]

れす!

コメントありがとうございますー!

それなんて羞恥プレイ! ヤメテー!(*ノノ) いま読み返してめっちゃ「うわぁ……」ってなって
消そうかとおもったらコメント付いてて消すに消せない管理人が通りますよ/(^o^)\
[ 2009/06/29 19:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phantomlake.blog58.fc2.com/tb.php/1262-cebd687d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。