スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

すきすぎて! 

すきすぎると、くるしい。

******

千年の独奏歌が、何度聞いても好きすぎて、ああああもう結婚したい、この曲があれば生きてける。
くらいに思ってるのですが、でも、大好きなものを大好きだと表現することは、じつはとても苦手です。
だって全部いいんだもの。そのものずばりが好きなんだもの。ことばなんていらない。感じて!

だから、千年の独奏歌ではモノは書けないと思っています。同様に園庭想空の女少や炉心融解も。
忘却心中(0-9)、ダブルスナイプ(ナモナキP)、カゲフミ(ぺぺろんP)、サンドスクレイパー(ミク詐欺P)、
ドルフィン(まゆたま)、接吻は刹那(Re:nG)、ぼくらの16bit戦争(ささくれP)がボーダーラインかなあ。
書けるか書けないかギリギリなのは。
ちなみに悪ノとかココロとか消失とかカンタレラとか、やりつくされてる感のは食指が動きますん。
斜め上の感じでアレンジできそうなのだったら書きますが(カンタレラがいい例

すきすぎると、くるしくて書けません。すきすぎると、私なんかが書いていいものかと思います。
いや、私なんかがのくだりは二次創作全般に言えることなんですけどね。

******

でも、好きだから書くも事実。好きだからは原動力。程度の問題で、好きすぎると書けないってだけ。
好きすぎない好き、が、いちばん書きやすい。
きっと、私の二次創作は、すきなものに、さらなる思い入れを付加することなのだとおもうなあ。と、
考えながらモノを書いてました。

そろそろ寝ようかねえ。

[ 2009/08/30 02:08 ] 小説系 | TB(0) | CM(2)

う~ん、好きすぎて
出来ないって何となくわかるきがします。

ありますよね、そういうこと。

自分なんかがふれてはいけない...
なんとなくそんな気持ちになってしまうこと。

あえてふれると
新たな境地がひらけるのかもですけどね^^;
[ 2009/08/30 08:09 ] [ 編集 ]

れす!

コメントありがとうございますー!

なんでもすぎるはよくないです。過ぎたるは及ばざるが、とはよく言ったものだと思います。
たぶん、触れてはいけないような気になるのは畏敬とかそのへんのきもちですよねー。
自分が触れたくらいでそのものの良さが落ちるわけでもないのに、ためらってしまうんですよ。
[ 2009/08/30 22:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phantomlake.blog58.fc2.com/tb.php/1330-ea294f97


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。