スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

打楽器奏者! 

定年退職した高校の時の顧問の先生が、このたび海外生活をはじめるということで、お祝い(?)の
合奏会を開こう! と、高校の時先生にお世話になった代のOB・OG有志で演奏してきました!
OB有志といえど、集まった人数は70名ほどだったそうで。素直にこれはすごいなあと思いました。
こうして定年後も教え子が慕って集まる先生ってそんなにいないんじゃないかなあ……。

そんな先生と一緒に音楽できたことがとても誇らしくてうれしいことだなと思います。

******

で、打楽器奏者ってわりとひとりでいるのとか、ひとりで作業するのを恐れない人種だと思いました。
楽器の特性上の話なのかなあ。ほかの楽器みたいに、同じ楽器で同じ楽譜を見て同じように吹く
わけじゃないから、打楽器は「みんなで」やってるように見えても、同じ楽器を担当しているひとって
(大体の場合)ひとりもいないわけで。

いざというときひとりで動ける人間はつよいと、顧問の先生が言ってましたが、じつは私たちの代の
打楽器奏者たちって、少なからずそういう傾向があるんじゃないかと思います。

うちらの代の打楽器パートはわりと仲がいいんですが、どこかビジネスライクというか、合奏すれば
がっちり呼吸が合うんだけど、いったん演奏から離れると、あんまりつるんだりしない気がします。
でもそれが好ましくむしろいつも誰かと一緒だと息が詰まると思っている節さえあるような気が。
いくらそのひとが気に入ってたり好きだったりしても、四六時中一緒にいるのは息苦しい。いくらその
空間が心地よいものだったとしても、ずっとその場にいるのは好きじゃない。みたいな。

******

うん、何が言いたいかわかんなくなってきたけど、私らの代はすごく仲良しだけど、演奏終わると結構
そっけなくて、それがまたいいんだよねって言いたかった。

******

明日はまた遠出です、楽団の合宿出ないのに楽器届けるためだけに合宿所まで行くとか面倒!

[ 2009/08/17 00:08 ] 音楽系 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phantomlake.blog58.fc2.com/tb.php/1362-c875d877


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。