スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DTMerにならない理由! 

こんだけDTM作品にハマっておいてなんですが、以前ほどにはMEIKO欲しいとかKAITO欲しいとか、
思わなくなってきました。めーたんさい終わってゆっくりしたってのもあるんですが(熱は冷めてない)、
最近楽団の練習に顔を出して、ちゃんと理由がわかってきました。

******

私は、身体性の伴う音楽が好きなんです。たぶん、打ち込み音楽もやればハマるんだろうけど、その
音って自分の腕から鳴りだしているわけじゃないから、きっとどこかで物足りなくなる。

音にきもちを載せるというのは、かんたんなようでじつはすんごく難しいんですよ、と、小一時間。
これは私が「奏者」だからいえることだと思いますが、みなさん「音」に夢を見過ぎている。と、思う。

音にこころを託すのはかんたんじゃないですよ。音にこころを託すことは、自分を丸裸にして大衆の
面前に差しだすのとなんらかわりないと思ってます。もしかしたら全裸よりたいへんかもしれない。
肌のしたにあるこころまで丸裸にしてステージにもっていくんですよ。並大抵の覚悟じゃないですよ。
自分の持ちうるすべて、だだもれにしてステージに立つ。酸いも甘いも感じたこころを、ぜんぶ晒して
自分の音を聴くすべてのひとに見せるのです。

伝えるすべ、つまり相応の技術をもったひとじゃないと、音にきもちを載せるのは難しいです。

正直なこころと、正直なからだがないと、音にきもちを載せるというのは不可能だと、私は思います。
身体性の伴わない音楽のDTM(だと私は思っています)で、何かを伝えるのは難しいことと思います。
だからこそそれを成し得ている方々が、支持されているのじゃないかなとも思います。

あと、受けての問題。これはもう奏者にはどうしようもないことだけれど、でも、その音をきいたひとが
どう思うかなんて、演奏側にはまったくわかりません。全力で表現したありのままの悲哀が、たとえば
懐疑的なひとにとってはウソ臭く感じたり、心の底から楽しんでいる演奏なのに、落ち込んでいる人に
とっては、ただのバカ騒ぎにしか聞こえなかったり。

音楽だけで、かんたんに伝わるなんて思えない。だからこそ、私は身体からの補助情報をもって、
私がつたえたい音楽を演奏したいと思うのです。
そういう訳で私は曲を作る側ではなくて、あくまで演奏する側なんだと再確認。
奏者であることがたのしい。そしてやっぱり生音マンセーのひとなので、DTMは聴き専でおkです。

******

それに、ボカロは歌を歌うソフトなんだから、歌わせられないならマスターになっちゃいけないんだろな
と思います。それこそ、ペットは責任を持って飼いましょうと同じ心理で。
ボーカロイドというソフトは、自分のつくったうたに声をくれる存在であって、彼らを扱いたいがために、
曲書きを志すのは、間違いとは言わないまでも、私にとっては違和感の残ることです。
曲を書きたくて書いた、でも歌い手がいない。だからソフトに頼ろうと思う。それが、きっと曲書きの、
DTM分野で(ボカロを扱っている)クリエイターさんたちの、粋なんだと思います。
DTMは、いくら敷居が低くなったからって、ずかずか踏み込むには深すぎる世界だと思ってます。
DTMに限らず、音楽は、極めても極めても極めつくせない泥沼の深さがあると思ってます。
今できる音楽で、私は手いっぱいです。

だから、いつか身体が動かなくなって、それこそ指一本くらいしか動かせなくなったとき、私はDTMを
改めて見直すんじゃないかなあと思います。これは自分の手から生まれた音なのかどうか、きちんと
考えてから、DTMに手を出すかどうかを考えるんじゃないかなと思いました。

******

とはいえ。
DS-10でちまこま打ってますが、あれいろいろ大変だわ! とりあえず課題曲のチーターマンだけは
消化しないとと思ってやってますが、ちょっと弄るとすぐ音変わっちゃうしなにこれみたいになるので、
本気でやるならやっぱり本買わないとなあと思い始めてるところです。

あと、ボカロいらないとか言いましたが、ウチのウリ(?)であるアプリの設定なんかを見直すと、まあ
捏造もいいとこすぎて「もぎゃあ!」ってなるので、資料としては欲しいかなあと思ってます。

しかしながら、Vistaで年長組は動かない罠。だ、ダウングレード……!? デュアルブート……!?

[ 2009/11/14 22:29 ] 音楽系 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/11/16 00:06 ] [ 編集 ]

れす!

コメントありがとうございますー!

>09/11/16 00:06にコメント下さった方
こちらこそ、貴重なご意見・ご感想ありがとうございますー!
人間が「伝える」という行為をするとき、きもちをそのまま見せることができないからこそ、
表現方法が多様に進化してきたのだと思います。音も文も、そのなかのひとつだと思います。

音の世界の勉強をはじめているとのこと、とても素晴らしいと思います。動機はとくに不純じゃ
ないですよ! そんなこと言ったら私が打楽器はじめた理由だってどんだけ不純なんだか^p^←

アプリ設定についても嬉しいお言葉ありがとうございますー! お言葉に甘えてもいいですか(笑
Vistaで動かすことはできるかもですが、なんだかソフトがVista対応が少ないとかなんとか、
DTM方面ではいい話を聞かないですし、私は自分でできる音楽で精いっぱいなので、たぶん
買わないとは思いますが……なんにしろ、長文コメントありがとうございましたー!
[ 2009/11/17 02:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phantomlake.blog58.fc2.com/tb.php/1486-3ba403c0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。