スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ことばのはなし! 

コメント欄には収まりきらなかったこの情熱を、ここで発散するとはなにごとか!

……というわけで朔乃錫果さんち「本棚の隅っこ」の、この記事に触発されて思うことがあったので
ここで書いてみる。ことばのはなしときいて、見事に釣られました(笑
言い替えや規制等、最近はいろいろ多いですものね。自分も気になるものが多くありますしね。

「子ども」表記推奨派の意見には、「供(そなえる)」という字がつかわれている点が気になる、という
主張があるようです。子どもは誰かへのお供え物ではないし、れっきとした「個人」であって誰かの
附属物でもない、という主張です。これは大学の幼児教育学の先生が言ってたことですが。
「子供」なんて、単なる充て字だろうが、と思ってたんですが、その話聞いてからすこし考えてみると、
字義的には「共」の方が適当だったはずなのに、とも思うわけです。なぜ「供」を充てたのか、っていう
ところはすこし引っかかりを感じるなあと思いました。子どもを供え物にする文化があったことはまあ
想像に難くないけれど、現代日本ではそういう文化はもうない(はず)だし。

充て字にしろいずれにしろなんにしろ、せめて充てた字が『共』の字だったら漢字表記で今更こんなに
ゴタゴタしなかったんじゃないかな、なんて思いつつ。でも、そんな話を聞いてしまって以来、自分は
「子ども」表記派です。

というか、教育系の現場ではもう「子供」って言葉は使われてないんじゃなかろうか。教育実習の時も
配布物ぜんぶ「子ども」だったし自分も子どもでプリントとか作ったし。

******

まあ、言葉なんて変わってくもんですしね。語義・字義・意味・表記が変わらない言葉は廃れていく。
いろんな意味の変遷やたくさんの意味があっての「言葉」の面白さだと思うので、時代の流れとして
とらえるつもりです。ことばの意味の改悪でない限りは。差別の意味を含む字に、更に侮蔑の意味を
込めることは、道徳的によろしくないんじゃないかと思います。

でも、差別用語を撤廃するなんてことはそもそも不可能だし、それこそよくないことなんじゃないかと
思うわけです。だって、「よいもの」を知るためには「わるいもの」がなければわからない。ものごとの
よしあし(好き嫌い)については、比較から学習していくものだと思ってます(これは絶対的によいもの・
わるいもの/万人に好かれるもの・嫌われるものがない、ということの理由にもなります)。
あれよりこれがいい、これよりもそれはすぐれている、自分はこれをどれとおなじくらいすきと思うか。
そこには、何らかの比較対象がなくちゃいけないし、たとえ「よくないもの代表のことば」として差別に
関する用語をなくしたとしても、「よいもの」との対比で、また新しい差別用語が生まれてきます。
何度も言いますが、差別用語の撤廃は不可能だと思います。だから、せめて、その言葉・字の意味を
増長させないことが、ほんとうはいちばん大切なことなんじゃないかと思います。

要は、うわっつらの言葉だけ変えても、その言葉の意味合いやその言葉を使う・受け取る側の意識が
変わらないのなら、それは相変わらず「差別用語」であろうと思いますよ、ってことで。

******

そうなんだよなあ、なんらかの意思をもってその言葉をつかっているひとになら「それはどうなの」って
言いやすいんだけど、なんとなくで言葉をつかっている人には指摘しづらいんだよな、言葉の使い方。
というかそもそも字義まできちんと理解したうえで言葉使ってる人はみょうな使い方しないしなあ。
……これも時代の変遷として流すべきなんだろうか。

「そこにいる」と「そこに居る」では、意味がすこしずつ違うと思うのは私だけ? 気にしすぎ? とか、
「意思」と「意志」のあいだには、あきらかな隔たりがあるような気がする、とか、考えてると、自分の
「言葉」についてのこだわりがきもちわるいです……。

話し言葉と書き言葉はちがうんだよって言いたいんだけど言えない……! でも書き言葉にもTPOが
あるんじゃないかなんて思ってるのはきっと少数派だろうし、じょうずに説明できないから言えない!

日本の識字率が高いのはいいことなんだけど、言語リテラシーは低めだとおもうの。私を含め。

******

あれ、結局なにがいいたかったんだろう/(^o^)\
とりあえず、言葉にはこだわりと敬意をもってつかいましょうってことで!
あ、あと、片道ですが朔乃錫果さんち「本棚の隅っこ」をリンクに追加しましたってことで!

[ 2009/11/20 19:49 ] 小説系 | TB(0) | CM(7)

やっぱり乗っかってみる。

…ストーカー並に思われているんじゃないかとちょっと心配だったりしないでもないのですが、言葉となればうずうずする人間です。
といいつつ、結構感覚で言葉を使っている部分もあるので反省…。

良い悪いは比較から。同意見です。悪いものがなければ良いものは「良い」と認識されないはずですし。人間は比較でしかものを認識出来ないと思いますから。
後、どんな言葉であろうと、善意も悪意も込めることも出来る、と私は思っています。
差別と思われる言葉。「その言葉、その表現にはどういう意味を含む危険性があるのか」を認識してもらうのが大切なのじゃないかな、と思います。知らずに使っている人も多いと思うのです。
元より日本語は「隠す」言葉です。主語省略してしまっても成り立っちゃいますから。「隠す」ということは「含み」があるわけで。その「含み」故にここまでややこしい話になる、と。
…やっぱり日本語って奥が深い。これからもどんどん変わっていくのでしょう。私もまだまだです。

「そこにいる」だとただ存在している。「そこに居る」だと座っている、もしくは、その空間に馴染んでいる。…そんな感じがしました。「居る」表記が好きなのはそのせいかもしれません(今まで考えてなかった人間)。
「意思」と「意志」は明確に違いますよ! 
言葉は場合に応じて使い分けなければいけないとも思います。履歴書に「なんかアルバイトやってました」「とりあえず免許持ってます」とか書かないのと同じ理論でw

…うずうずしすぎて非常に長文でお邪魔しました(苦笑)。自分のブログで語れって話ですよね…。
もっと言葉を丁寧に使いたいと思います。ありがとうございました!
[ 2009/11/20 23:35 ] [ 編集 ]

言いたいことをほとんど言われてしまった件について(笑)

よしあしの比較は(以下同意見により割愛
人間に、絶対でものごとを見ることはほぼ不可能かなと思います。
「子供」はもしかしたらご先祖様の血を絶やさないために供える(産む)ものなのではないかと。
先祖のためにっていう日本人らしい考え方が表れた故の言葉なんじゃないかな、と、回転の
よろしくない頭をぐるぐるさせて考えてみました(笑)

ブログなど書き込むときに(今もそうですが)漢字変換する際含ませる意味の違いによって
どの字を当てはめるべきかに毎回悩みます。そこが日本語の醍醐味とも言うべき点であり、
美しいところなんですけどね。
「そこに居る」は夜風さんもおっしゃっていた通り座るという意味が含まれている故か、
「そこにいる」よりも安定した響きがします。しっかりそこに存在している感じがしますね。

書き言葉にTPOがあると思っている人は少数じゃない!と思いたい!(←

かくいう私はだいたい書き終わってから、言いたいことと含ませた意味の違いに気づいて修正したい思いに駆られる(もしくは修正する)という残念な人間だったり。何度も見直してからじゃないときちんとした意図を言葉に乗っけられてないんじゃないかと不安になります。

わわっ!けっこうな字数となっていました;長文失礼しましたっ!
[ 2009/11/21 00:57 ] [ 編集 ]

初めまして

 こちらでは初めまして、朔乃錫果という者です。…なんだか空気読めてない感じですみません…
 話題に挙げて頂いた上に、リンクまで有難うございます…!
 こちらからも貼らせて頂きましたのでご報告を。

 “意思”と“意志”は違うと思います…使い分けにちょっと悩むこともありますが。
 “いる”と“居る”も、私は上手く言葉に出来ませんでしたが、上のお二方と同じような認識です。

>うわっつらの言葉だけ変えても~
 勝手ながら、言いたかったことを代わりにきちんと言葉にして頂いた気がして、ちょっとすっきりしました。

 私自身、話していて言葉が足りず、意味が通らないことが多々あるので…もっと考えてものを言わなければ(書かなければ)いけませんね…
 でも、そういうことを恐れて何も発せなくなるのが一番怖いんですが。

 なんだか私だけ酷くレベルの低いコメントですみませんでした…!
[ 2009/11/21 12:12 ] [ 編集 ]

れすれすれす!

コメントありがとうございますー!
文士さんがたくさん釣れました(釣るとか言うな)。みなさん長文でのコメントありがとうございますー。

夜風お姉さま>
むしろストーカーは私のことです、お姉さま^p^←
日本語が「隠す」言葉だっていうのは、たしかにその通りだと思いました! 含みをもたせたり、
あからさまに言わないのは、日本語の奥ゆかしさでありややこしさであり愛すべき点だと思います。
だからこそ、言葉はつかい手の意識いかんでいか様にもなるのだろうと思ったりしました。

望月さん>
ご先祖様の血を絶やさないために供える(産む)、という発想はなかったので、目からうろこです。
漢字ひとつで意味が全然違ったりしますもんね。気をつけていても誤字脱字誤変換はありますし。
自分も見つけてあわわってなって修正しているクチです(笑

錫果さん>
いえいえ、こちらが勝手にリンクしたのに、相互までしていただいてありがとうございましたー!
自分も、息をするように自然に、言葉をえらべたらどんなにいいかと思うことがあります。
でも、こうやって言葉選びに苦心している時間もまた楽しいものかなあ、なんても思ったり……。

あ、みなさん「意思」と「意志」、「いる」と「居る」についても言及ありがとうございます!
自分は「そこに見えないものでも、確実に存在する」場合に「いる」をつかっているので、
たとえばそのディスプレイの向こうに「いる」ひと、というようなつかいかたをしています。私の感覚では、
「いる」の用法は「ある」に近いかと。でも「ある」より能動的な感じで。「居る」は、そのものがそこに
座っている・置かれている状態だと思ってます。自分の偏見では「居る」は「いる」の中に含まれている
(「いる」の中の一部である)=「いる」よりも意味の狭い言葉だと思ってたので、みなさんの意見は
すごく参考になりました! やっぱ話してみないとわかんないもんですね!(ぁ
「意思」と「意志」は、辞書でも明確に意味が異なっていたので言及は割愛しますが……。

日本語奥深い。
[ 2009/11/22 00:42 ] [ 編集 ]

「子供」と「子ども」

「子供」という漢字があるのに、わざわざ「供」を「ども」にしてるのは何故だろうと不思議に思ってました。そういう見方があると知ってちょっと胸のつっかえが取れました(。・ω・。)なるほど。ありがとう。

ごめん、それだけです。私もけろさんのようにはできないけど、日本語の使い方を考えてみます。
[ 2009/11/23 00:53 ] [ 編集 ]

遅ればせながら……

コメントするのが遅いのはわかってたんですが、言葉の話となればエセモノカキとしては参加しないわけにはいかないよな! と思いつつ(苦笑)

「そこにいる」「そこに居る」及び「意志」「意思」の違いについては皆さんの意見に同意致します。
と思ったらうちのATOKは「意志」と「意思」で違う意味の説明書きが出てきました。やっぱり違うんですね。

平仮名と漢字と、ついでに片仮名もですが、言語において複数の表記が入り交じるのは日本独特のものなんだと思います。ん? 韓国も漢字とハングルを使ってるんですかね。
それはともかく、そのせいで「この漢字は本来の意味にあっているのか?」なんていう問題が発生するんだろうなとは思いますが、どちらかというと自分はそうやって「これはダメ」「こっちをつかえ」なんていうのはどうかな、と思ってしまう人です。

ナースとかスチュワーデスとかも「女性差別」だとかで使われなくなりましたが、果たしてそこまで考えて使ってた人がどれほどいたのかなぁ、とか、それを言い出したら人それぞれの言い方でニュアンスなんて全然変わってきますし。
言葉尻をつかまえてそんなことを言い出したらきりがなくなってきて「漢字を使わない」なんて極論にもなりかねないんじゃないでしょうか。
米・英・仏・蘭・伊・露・印・独なんかの外国の漢字表記も当て字が由来ですから「子供」が表記としておかしいのならこういったものも全部おかしくなってしまうんじゃないかな、と思いました。

と、皆様に負けず劣らず長文で申し訳ありませんでした。
[ 2009/11/23 10:05 ] [ 編集 ]

れすそのに!

コメントありがとうございますー!

フェルト>
これは考えるクセをつけとくといいと思う。結構こっち(先生)の言い回しとか言葉の使い方ひとつで
子どもたちの学習も変わってくるので、フェルトにはぜひ色々考えて&調べて&活用してほしいと
思ったとこです。てか、私を基準にすんなwwww

文吾さん>
いちいちの表現について「これはダメ」「こっちはOK」とか言ったら、もろ言葉狩りですもんね。
自分も、表現がたくさんあっておもしろいと思ってるひとりなので、なんだかなあと思ってます。
ナースとかスチュワーデスとかは、逆に「そのような呼称は男性差別にあたる」っていう主張が
あって変えられたというような話をどこかで聞きましたが(看護婦・スチュワーデスという単語自体に
女性的な含みがある、とかなんとか)、まあ呼ばれる方はさほど気にしてない気がするんですけどネ。
あ、男性だと気になる呼称だから、看護師・客室乗務員に変わったのかも……。
複数表記といえば、漢字語圏だと漢字とアルファベットがごっちゃだったりしますね。表音文字の
語圏だからこそ、他国の言語を自国の文字で置き換える、っていう手法があるのではないかと。
そう考えると、漢字をあたかも表音文字のように使ってること自体が問題になってくる気がしなくも
ないのですけど、これはもうどうしようもないですね……(笑

日本語奥深い。まるで底なしだわ……でもこうして話ができるのはたのしいし、うれしいです(笑
[ 2009/11/24 01:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phantomlake.blog58.fc2.com/tb.php/1521-a903d1c1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。