スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アマチュアの誇り! 

カテゴリに迷ったけど、ここでいい。

中学校のときの吹奏楽部の顧問の先生に言われたことで、印象に残っている言葉とか思い出は、
たくさんあるんだけど、最近とみに思い出すのが、いつだかの定期演奏会の司会原稿について、
先生が言及した時の話。

アマチュアの演奏会だと、「お聞き苦しい点もあるかもしれませんが」っていうアナウンスが
はいることがあります。実際それはよくあることで、あんまり気にしない人は気にしません。
が、先生は、その文言を消して、別の言葉に直しなさいと言いました。なぜかというと、
「最初から『聞き苦しいかもしれない』なんて言われて、音楽がたのしめるはずがない」
「それはたとえばレストランで料理を注文して、料理を運んできたウエイターが料理を出ながら
 『生ゴミのような味ですが』って言うのと同じこと。それでおいしく食事ができるだろうか」
「がんばって作って、結果的に美味しくない料理だったということもある。でも、それをわざわざ
 言って出すのはおかしい。それなら、最初から料理なんて出さない方がましなのだから」

それで、中学生ごころに、たしかに、と、思ったのを覚えてます。社交辞令とか謙遜のつもりかも
知れないけど、わざわざことわるのも失礼なことだよね、と。
最初から「口に合わないかもしれない」とか言うくらいなら、もっとおいしい料理をつくるべき。
ハナから「聞き苦しいかもしれない」とか言うくらいなら、もっと練習して聞き苦しくなくすべき。

これは、たぶん、他のいろんな場所に応用できると思います。「ヘタクソですが」「駄作ですが」
「初心者なので」……どれもこれも言い訳くさく聞こえてきません?

******

私はそういう環境で育ってきたので、その手の文言が嫌いです。アマチュアだろーが趣味だろーが
ものを作ったり発表してる身で、こんな風に逃げ道作って作品発表するなんて、作品を見てくれる
ひとたちに失礼な話だし、作者自身に貶めて言われる作品じたいもかわいそうだと思うので。

自分は、どうせ何か言うなら「これが私の今の精一杯です」って言ってモノを出したいです。
ヘタクソなのも駄作なのも、私が世間のことをなにもわかってないのも重々承知。明白なことを、
わざわざ言うなんてナンセンス。

私は、こういうアマチュアの誇りみたいなものを大事にしているひとなので、考えの食い違う人も
いるかと思います。考えを押し付けているつもりはありませんが、そういういいかたをしてしまう
ことがあります。そう感じたときは、堂々と反発してください。たぶん、こんなこと考えてる人の
方がマイノリティなので……とか、思ってるけど、実際どうだかすらもわかってませんので。

******

でも「お聞き苦しい点もあるかもしれませんが」って言った団体で、洒落てるなあと思ったとこも
あるんです。その団体の方は、
「お聞き苦しい点もあるかもしれませんが、その際は遠慮なくアンケートに書いたり、部員に直接
 お伝えください。全員で、きちんと直せるように努力してまいります。よろしくお願いします」
って言ってたのですよ。これもかっこよいなあと思いました。

[ 2010/03/23 00:07 ] 小説系 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phantomlake.blog58.fc2.com/tb.php/1682-ff228b8b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。