スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ひとり大冒険! 

本日、というかさっきの話。親父を隣町まで迎えに行けと言われ、家を出た管理人。ぶっちゃけ
道もうろ覚えだったのですが、母さんとばあちゃんが晩飯準備をしてたため、意を決して、車で
迎えに行きました。ナビ代わりに弟を連れて行こうと思ったのですが、風呂に入っていたため、
ロンリードライブと相成りました。

まあ、普通に迷ったよね、うん。

たしか田んぼの中の道をまっすぐだったよねー、と、適当だったのがいけなかった。
俺んちのまわりに「田んぼの中の道」なんかたくさんあるっつーの!
まず、見えてくるはずの建物が一向に見えてこない。おかしいな、と思いながら、標識を見ても、
案内板を見ても、目的地の名前が書いてない。目的地の名前が書いてないどころか逆方向の地名が
並んでいる始末。結局、車を路肩に寄せて、携帯の地図アプリを起動。
管理人「地図アプリくん、ここはどこだい?」
地図アプリ「ここはキミの住む市の隣町だけど、行きたい方とは逆方向の隣町だよ」
なんということでしょう/(^o^)\ その後、地図アプリにより、自分の在住地区から出る時点で
道を間違っていたことが判明。慌てて岐路まで戻る管理人。そこからの道を地図に訊こうと携帯を
再び開け――そこで携帯が電池切れ。

管理人「地図アプリィィィィ!(´;ω;`)」
携帯「……」

沈黙したままの携帯。このままでは父親に遅れる電話をすることも、母にメールで道を訊くことも
できません。深まる闇(夜なので)、増える車(帰宅ラッシュの時間帯)、しかし迎えには行かねば
なるまい。という状況でしたがあまり深く考えず、「岐路から先は勘でなんとかいけんだろ!」と、
車を走らせ、なんとか目的地に到着。実にふだんの2倍の時間をかけた大冒険でした……。

******

家に帰って来てから、その話を母にすると、ずばっと
母「あんた家に帰ってくるって選択肢はなかったの。帰ってきたら高性能ナビ(弟)いたでしょ」
って言われました。確かにその通りです。

教訓:うろ覚えの道は夜に走るな

ほんと帰って来れてよかった……!

[ 2010/04/10 22:02 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

吹いた。負けた。
うん、弟が風呂を出るまで待つべきだったね。
というか地元でそんだけ迷えるってどういうことなのw
でも確かにアレだな、自転車で色々と遊びまわっていた地元の道も、車で、となるとどこが一方通行なのかとか、把握しきれてなくて迷ったりはしたことあるなぁ。車だとかなり回り道が必要だと分かった時にはもう自転車でいいや、なんて思ったりね。

ではまた(*^ー゚)ノシ
[ 2010/04/11 14:15 ] [ 編集 ]

れす!

コメントありがとうございますー!

笑いごとじゃないですよ! 夜によく知らない道を走るとか、めっちゃくそ怖かったです!
でもたしかに、弟が風呂からあがるまで待った方が賢明だったと思いました……(´・ω・`)笑
一方通行はあるあるw あとは過疎とかそういうもののせいで、それまで目印にしてた建物が
取り壊されて更地になってたり、別の建物が建ってたりして、またわからなくなるんですよねー。
[ 2010/04/11 22:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phantomlake.blog58.fc2.com/tb.php/1699-3bd7f5e8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。