スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

わたしたちの教科書! 

あれってなかなか面白いドラマですよねー。
管理人、大学で教育系(もっと厳密に言えば教員養成系)の学部にいるのですが、
これはなかなか興味深いです。フィクションながら(フィクションだからこそ?)、
教育現場に対しての「不安」が浮き彫りになってるドラマだと思います。

******

「いじめ」について文科省から出されている定義はしっかりあるにもかかわらず、
その定義にかなっているかどうかは、状況をみている人間たちに委ねられている
ところがあります。大概は判断をするのは現場の先生方なので、学校のイメージを
悪くしたくないという理由でいじめは隠蔽される傾向ができています。

ちなみに、お役所が言ってる「いじめ」の定義は、以下の3点。
(1)自分より弱い者に対して一方的に(2)身体的・心理的な攻撃を継続的に加え
(3)相手が深刻な苦痛を感じている――ことの3点を満たしていることで、いじめと
判断されるそうです。しかし、これについての判断基準が出されていないので、
いじめじゃないと判断するのは容易いです(というより、ケースバイケースの事象で
あるいじめについての判断基準を示すことなんか、無理に等しいわけですが)。

******

結論:第1話からちゃんとしっかり見ておけば良かった。
Dr.コトー診療所ほどアツい感想は書きませんが、これからもちまちま観続けます。

******

ブログランキング参加中。
ブログランキングバナー
[ 2007/04/26 23:39 ] 日記 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phantomlake.blog58.fc2.com/tb.php/572-8fd87c96


わたしたちの教科書~第3話・隠蔽

わたしたちの教科書ですが、弁護士・積木珠子(菅野美穂)が、明日香(志田未来)の転落事故を解明するため、中学校に乗りこんで行きます。最近、菅野美穂がバラエティで弾けまくっている気はしますが、ドラマの方はシリアスです。今回は真木よう子の完璧女教師についても描
[2007/04/27 00:49] URL 一言居士!スペードのAの放埓手記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。