スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ご無沙汰でした! 

質が落ちてるのはご愛嬌で(できるか

******
076:影法師――文字書きさんに100のお題より
******

 ちょっと髪の毛をいじくって茶色くしてみたからって、今更だれも気にしなかった。気付いたのは身のまわりのごく僅かな友達くらいで(あとはささやかな数の女子から、遠慮の無い目線が飛んできたくらいで)、そしてそいつらのコメントも型にはめたみたいに形式どおりで(髪染めたのー、いいんじゃねー、にあうよー)、特におもしろくもなかったので三日で色を戻した。自分でいうのもなんだが、地毛は日本人らしいぬばたまの黒髪だ。人工の茶色なんかより、よっぽどきれいだと思ったのは、色を戻して二日目の朝、鏡に映る自分を見てからだった。
 通いなれた道を、朝とは逆の方向に、つまりは家に、帰るべき場所に向かってあるく。古くなってきた街灯の林。そのなかの一本が、時折明滅しながら道を照らす。そんなにがんばらなくていいじゃないか、と思う。もっとラクになったっていいじゃないか。思わず明滅する街灯に手を当て、それから、妙に気まずくなった。
「たまにはいいだろ、センチメンタル気取ったって」
 だれにともなく言い訳する、否、自分に向かって弁明をする。
 別に、大きな反応がなかったこととか、正直そんなことはどうでもよかった。髪の色が変わったからって、何が変わったなんてそんなことがありえないってことも知っていた。それでも何でも、どうあがいたって自分のまわりの世界は平和にまわっていくことだって、やっぱりちゃんと認識していた。

 それでも、何かせずにはいられなかった。
 何かしたくて、でも何もできなくて、結局この一週間でできたことといえば、髪を染めて、学校に行って、おもしろくなくなって色を戻して、そして今、街灯に手を触れて、何だかよくわからないひとりごとを呟いて。
 まわりが気付いてくれるなら、その方がよかったけれど、それが理不尽な願いだってことも知っていたけれど。
 何かがしたくて、でも何もできない言い訳に、髪を染めたりしてみただけだった。無駄に時間を浪費して、何もできなかった素振りをするために、髪を染めたりしてみただけのこと。無駄だってわかっているなら、止めればいいのに、よせばいいのに、どうしてもそわそわして落ち着かなくて、それで何故か髪を染めてみただけのこと。
 何かが何であれ、やっぱり何かせずにはいられなかった。

「ちくしょー、ばかみてー」
 いつの間にか、街灯に月がかぶさっている。明滅している灯が、自分の周りに薄い影を落としているのを見た。時折ばちばち言いながら、ほとんど消えかけている街灯に、苦笑しながら呟いた。
「あんまりがんばるなよ、早死にするぞー」
 街灯にかぶさった月を、さっきよりしっかり見てみると、どうやら今日は満月らしかった。だから、もうひとこと付け加えてやる。
「おまえががんばらなくてもなー、今日はだれも咎めねーよ」

 何でこんなことしてるんだろうな、と思った。

「がんばらなくていいんじゃねーの?」

 これは、だれに向けての言葉なんだろうな、と思った。

「どーせ、いつか終わりがくるんだからよー」

 だから、何だといいたいんだろう。

「せめてさ、みじかい余生をラクに生きてくれりゃあ――」

 そこまで言って、街灯の柱、自分の目線よりかなり低い位置に、ちいさなプレートが張られているのが目に入った。ほとんどかすれて読めないが、断片的に読める文字から推測するに、施工年月日のようだった。日付は今日。
「……なんだ、おめーも誕生日なのか」
 そうかも知れないし、そうじゃないかも知れない。それでも、この街灯の誕生日は、今日だと決めた。ぺしっと街灯を叩いて、見上げる。
「いくつになったか知らねーけど、お祝いしてやんなきゃな」
 鞄から油性ペンを取り出し、おもむろに、無造作に、雑然と横殴りの文字を柱に並べる。

“HAPPY BIRTHDAY”

 ちょっと考えて、日付も付け足す。

“HAPPY BIRTHDAY June 30”

 忘れるものか。
「――じゃーな、早く電球取り替えてもらえよー」
 今日は、あいつの誕生日だ。
 忘れてやったら、かわいそうだ。
 ささやかに祝うくらいなら、許してもらえるだろうか。
 思いきって、口に出してしまえばすっきりするだろうか?

「……“HAPPY BIRTHDAY”」

 そう言い残して、再び家路についた自分の影は、月明かりと街灯の光とでダブって見えた。

(C)KERO Hasunoha
******
あとがき。

やっぱりまだちょっとひきずってる断片。
質が落ちているなあ……ここらで一発ギャグでも書いたら治るだろうか(無理だな

******

ブログランキング参加中。
ブログランキングバナー
[ 2007/06/30 13:58 ] 小説系 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phantomlake.blog58.fc2.com/tb.php/623-9d379452


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。