スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハリーポッター第6巻読了! 

ハリポタ読んでしにたくなったのは初めてです。
実際しにそうになったのは2度目です。
それだけ。

以下、内容のネタバレです。一応反転処理もしてありますが、
反転だらけなので携帯のひとにはツライと思われます。

******

いっそ逝かせてくれ。
ダンブルドア先生と一緒に。

ほんとまじ、そう思った。泣いた。葬式のあたり特に。
シリウスが死んだ時もしにそうになったけど、今度は自分からしにたい。
(ノД`)・゚・。 後を追わせて欲しいよ先生大好きだったからさ……。
ほんきで次の巻を読む気失せた。シリウスの時と同じキモチだよ……。

いや、魔法の世界の話だから、蘇生魔法とかでシリウス生き返るんじゃねーかと
密かに期待してたのをがっちりしっかり裏切られたので。
多分今回も、期待しても裏切られるん、だろうな……。
多分今回も、生き返ったりは、しないんだろうな……。
物語的には面白いけどさ。惜しいひとをなくしたと思うよ>J.K.ローリングさん

マルフォイ、結局ヴォルデモート側だったんだね。
予想はしてたけどさ。でもやっぱり、詰めが甘い辺りはまだ子供なんだな……。

Half-Blood Princeは、結局スネイプせんせーのことでしたね。
なんとなくそんな気がしたんだ。
ヴォルデモートと父上の可能性が無くなった辺りから。

******

さて次の巻で完結になるわけですが、あとがきで訳者の松岡祐子さんが
ハリーは本当に独りで旅立つのだろうか? ハリーは生き残れるのか?
スネイプは果たしてどちらの味方なのか? R.A.Bとは誰なのか?
第七巻で死ぬのは誰か? ダンブルドアは本当に死んだのか?
(509ページより引用)
と書いてらっしゃいますが、俺の見解(というか希望)としては、
ハリーは結局友人2人に根負けして一緒に旅立ち、
同じように2人に助けられて生き残るのだと思いますよ。主人公だし。

で、スネイプは味方であっても敵方であってもオイシイキャラだと思われるので、
敢えて敵方に留まっていて欲しいと思います。
何か彼の信念の為に戦えば良い。目的の為に倒されれば良い。
それでもホグワーツに並々ならぬ愛着を感じてればいい。
あれだ。TOSのミトスとか、TOPのダオスとか、TOAのヴァン師匠とか。
↑の文の『ホグワーツ』を『世界』に置き換えるとみんな当て嵌まる。

もう誰も死んで欲しくないのが本音だけど、
ぶっちゃけ第七巻で死ぬのは誰か? って書かれちゃうと、『誰か死ぬんだな』ってわかるじゃん orz
最有力はヴォルデモート。次点スネイプもしくはマルフォイ。大穴でハリー。
ロンとかハーマイオニーっていう可能性もあるな……。

R.A.Bは、シリウスの兄弟だっていう説があるらしいですが、よくわかりません。
俺もハリー同様ショックで考えてなかったので。

ダンブルドア先生にかんしては、そのままで安らかにいてほしい。
つーか、ダンブルドア先生を生き返らせる位だったらシリウスも生き返らせてくれ。

……書いてて思った。ダンブルドア先生とシリウスが亡者として甦って、
それをハリーが殺すとかいう展開。
ほら、死ぬじゃん。ひと。


っていうか、これただの悪夢やん……!!(ガクブル

******

……。どっかで追悼祭やってないかな。
ネットの海に墓標が見えないかな……。
[ 2006/05/21 21:33 ] 小説系 | TB(0) | CM(4)

み、みれせん(;y▼皿▼)y

いや、パソコンの調子がおかしいとかじゃなくて。
ネタばれどんだけ書いてますのこと?!
・・・・
読破してから出直してきます。(だって突っ込みようが無い)
[ 2006/05/21 21:39 ] [ 編集 ]

ちょっと!!読めないから!携帯だとほとんど文章消えてるから!
私も早く読みたいよ~(ρд<。)周りに本屋見つからなくてさぁ↓TSUTAYA本売れよ!CDあってなんで本ないんだよ!って感じ
ひどいよね~↓見つけたら即買って読むよ☆

それとフェルトンさん?ザック?まぁどっちでもいーや(笑)コンちゃんのやばい挿絵見ちゃった(≧∀≦)地元で☆やばいね!あれはやばい!笑い堪えるの大変だった!死んだよ...
[ 2006/05/21 23:49 ] [ 編集 ]

フェルトさん、某酒豪さん(初めましてデス!)、今晩和ー。

ちょっと見づらいけれど、コピー機能を使うと携帯からでも楽に見れますよぅ ノシ
[ 2006/05/22 00:06 ] [ 編集 ]

れすれすれす!

>>フェルト
実は反転部分、ネタバレより考察の方が多いって言う噂が。
読んでからまた来てください。そして泣け。後で語ろう(笑)
みんなで追悼の墓標も建てようさ……

>>姫
本を売らないTSUTAYAなんか、TSUTAYAじゃないといってみるテスト。
ちなみにウチの近くにはTSUTAYA自体がありません(痛
そしてやばい挿絵が非常に気になるので詳細を説明お願いしまs(蹴
ふんだ、月末に地元帰ったら本屋よって見るさー!!(逆切れ(何故

>>リト
携帯でもコピーできるんだ……。反転見れるんだ……。
Docomo機種には本文コピー機能が無いから侮った……!!
見れないと思ってた……! Vodaだと見れるんだ……!(プチショック

あ、そうだ。コピーの話が出たから、コピーにかんして一応注意。
>>閲覧者の皆様
コピー機能の使用自体は個人の自由ですが、俺の書いた作品にコピーかけて
あまつさえ転載、改稿、その他著作権を無視した行動はご遠慮下さい。

……なんて、此処で言うことじゃないですけどね。
[ 2006/05/23 17:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phantomlake.blog58.fc2.com/tb.php/76-71bc2051


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。