スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

頭痛い! 

頭痛いとろくなこと考えませんね。
うん、この頭痛は曇り空のせいだと思うんだ。

******
051:携帯電話――文字書きさんに100のお題より
******

『おれ、ハスの花って、まだ見たことがないんだよね』
「へぇ、そうなんだ」

 俺の住むアパートの隣には、蓮のたくさん浮いた池がある。
 電話で相手にそういうと、相手は羨ましさを滲ませながら、そう言った。
 蓮池の方から、かえるの声が聴こえる。
 けろけろくくく、ぐあぐあぐあ。

「毎日見ているけど、どんどん茎が伸びてきているよ。花にはくわしくないけど、そろそろ花も咲くんじゃないかな」
『いいなぁ。見てみたいよ、ハスの花』

 くくく、ぐあぐあ、けろけろけろ。

「咲いたら写真にして送るよ」
『どうせ写メだろ。だったら要らねー。オレのケータイ、昔のだから解像度低いもん』

 ぐあっぐあっ。くうくくく。

「紙に刷るさ」
『どうだかな。ここまで届かないんじゃないか?』
「たしかにそうかもね」

 けろ、けろけろけろ。

「じゃあ、見に来れば良いじゃない」
『遠いだろ。ちょっとは考えろよ』
「……たしかにそうかもね」

 げろ、げろ。くあっくあっ。

『――まぁ、いいや』
「あれ、あきらめたの?」
『いや、違うよ。アテがあるんだ。ハスの花の見れる場所』
「なんだ、あるんじゃないか」

 ぐあ、ぐぁ……。

『ああ。オレ、敬虔な仏教徒だから』
「そういえば、そうだったね」

 くくくく、く……。

『だからさ、死んでお釈迦様のところに行けば、ハスの花なんか年中見放題だぜ』
「そうか。それもそうだね。地獄に堕ちないように気を付けてね」

 く、くく……。

『ああ、気を付ける。じゃあ、切るよ。さよならだ』
「うん。さよなら」

 相手との電話が切れると、蓮池のかえるも黙り込んでしまった。
 ああ、梅雨という季節は、なんて鬱陶しい。

 携帯の調子もおかしくなるから、死に逝く彼らの電話を受信してしまうじゃないか。
 ああ、これだから梅雨という季節は、鬱陶しくて仕方が無い。

(C)KERO Hasunoha
******
あとがき。
管理人の住んでる六畳間からは、蓮の池が見えます。
が、携帯電話にこんなホラーな事態は起こりません。
つーか起こったらもう涙モノだから。速攻で実家に帰るから。
[ 2006/06/11 17:37 ] 小説系 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phantomlake.blog58.fc2.com/tb.php/99-2010d23f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。